ようこそ、じょんのび庵ZENへ。

古民家ぐらし20


2019年 5月


5月1日に皇太子の天皇即位が行われて
新しい元号が令和となりました。


4月末から10連休となり、困った人が
多いらしい。



そんな中、TVニュースは高速道路の渋滞情報が
伝えられていました。


5月4日、早く出発すれば何とかなりそうなので
僕たちは早朝4時起き、5時前には出発し
新潟へと向かいました。

中部横断道路清水ジャンクション

新東名に乗るとこんな時間なのに
すでに混んでいましたが
今のところは順調に流れています。

今回はいつもの新清水インターから
52号線には行かずに
新清水ジャンクションを左に抜けて行きました。


と、いうのも新しく中部横断道路が部分的ではあるものの
開通したのです。

中部横断道路 清水ジャンクション

とても助かります。


ジャンクションから富沢まで19kmを走って
見ました。


降りたところは52号の「たけのこ道の駅」の
向こうがわ200mぐらいのところでした。


いつもは富士川を右に渡り、
川沿いを走るのですが、今回は試しに
そのまま52号線を走って見ました。

中部横断道路



途中、新しく「南部道の駅」が出来ていました。
結局、右に渡り走る方が、かなり早いです。


ローソンで味噌汁を購入し、朝食。
やがて、標識が出てきたので
右の橋を渡り、高速に乗り


六郷、増穂、双葉ジャンクションを経て
中央道へ。

中部横断道路



高速を降りたり、乗ったりで面倒ですが
今年の秋には中部横断道は全面開通する事でしょう。


八ヶ岳PAでコーヒー休憩。


心配していた道路はいつもの土曜日ほどで
そんなに変わりは無いようだった。


車はやがて豊田飯山インターを出て
津南を走っているとニュースで
高速道路40kmの渋滞と流れていました。


早く出てきて良かった。


千曲川道の駅は混雑のためスルー。



新潟との県境にある「上信越道の駅」もスルー。

津南道の駅



「津南道の駅」は流石に空いていたので
寄って見ます。


ここでは「ハッサク」4つ入り350円で購入。


画像の説明








やがて車は十日町のハラシンへ到着しました。
11時半頃ですがここでお昼にします。



画像の説明
スーパーハラシン
画像の説明
画像の説明




















スーパーの中にある
無料カフエはお茶も置いてあるので
時々利用させてもらっています。


人にやさしいのが素晴らしい。




じょんのび庵には12時ごろに到着。
流石に早く着いたので、天気も良いし
早速、布団を干します。

じょんのび庵





布団の干し方は、はしごに引っ掛けて干します。
最近はハシゴは
布団干し専用具になっております。ハイ!



画像の説明

半年ぶりの「じょんのび庵」なので
掃除や草取りに忙しい。



杉の枯葉は部落の方々が集めてくれてあり
とても助かります。
明日の夕方にはそれらを燃やします。


裏にも杉の木があるので
かなりの量の杉葉が落ちていました。

画像の説明

裏にある葉も家の前が終わったら
翌日にドラムカンを移動して
燃やすつもりです。


天気予報によると
ここしばらくは晴れが続くみたいなので
助かります。



それにしても昨年大きな木を8本も伐採したので
家の前が抜群の日当たり良好なので
気持ちいい。

画像の説明

水仙の花が咲いていたり、
モクレンの花が少し咲いています。




夕方、「でんねん」のお姉さんと、孫のお嬢さんが
初めて家に来てお茶を飲んでいった。


「でんねん」のおばあちゃんが入院したというので
明日、14時にお見舞いに行くことにしました。








翌日


昨夜は寒くて寝れなかった。
5月というのに朝は気温が10度しかない。

画像の説明

でも今日も天気は快晴のようで
真っ青な空が広がっていた。
本当に田舎は気持ち良い。

8時頃から「でんねん」さんの家に
車が色々出入りしている。

ひょっとして間に合わなかったも知れない。
やはり、おばあちゃんが亡くなったようだった。

画像の説明

親戚関係の方達がたくさんやって来ている。
ゴロベーさん夫婦も車で来ていた。


顔を見てやってくれというので
13時過ぎ頃、家に行って来た。


ご家族が全員出て来てくれた。


でんねんのおばあちゃは
床の間のある部屋で小さくなって寝ていたが
気の毒で顔は見れなかった。

画像の説明

玄関に予定が書かれていて
3日後に通夜、その翌日葬儀と書かれていた。


せめて後1日持ってくれたら
元気な顔を見られたかも知れなかったのに
本当に残念です。


ご家族もしばらくは落ち着かない
ので大変だけど、いつものようにしている
だけと言われた。



その後、僕たちは夕方まで杉の枯葉を集めたり
裏を綺麗にして、燃やすための準備をしました。

画像の説明

前の畑で
16時半頃ドラム缶で少しずつ
燃やし始めました。


下を向いて
杉葉を掴むので、だんだんと腰が痛くなる。

いつも手袋をした手で抱えるように葉を掴み
ドラム缶に投げ込むのだが
周りが熱くなっているので汗ビッチョリになる。



時々水を飲みながらやらないと
身体が乾燥してしまうので注意!

画像の説明

太い木などは無いので
1時間ほどで終える事が出来た。


裏は明日、ドラム缶を移動して
裏にある杉葉を燃やします。


あとは熱いシャワーを浴びてから
冷たい缶ビールを1本飲んだ。


ひと仕事を終えたあとは
ビールがうまい。

画像の説明













作業部屋の2階に8畳ほどの部屋があるのですが
滅多に上がらないので今日は掃除機で綺麗に
します。


急な階段を上がると、ムシロが敷いてあるのですが
何ともはや、汚かった。


それに障子は、そこら中破れていて
見る影もない。

画像の説明

なので、張り替えなければと思ったけど
外側にビニールトタンを昔、貼ったので
張り替えないことにした。


そして破れ和紙を綺麗に取り除いたら
骨組みだけになったけど


後ろがビニールトタンなので
違和感が無かった。


和紙を貼るといずれ又
破れ障子になってしまうので
貼らずに骨組みだけ残します。

画像の説明

部屋を掃除機で綺麗にしてからは
外から鳥などが入らないように
上の5cmほどの隙間を木板で塞ぎました。


とりあえずはこれにて終了しました。






こぶ鯛


作業部屋にMDFボードが残っていたので
壁掛け「こぶ鯛」を作ります。


なんでこぶ鯛なのかと言うと
僕が好きだからです。


こぶ鯛は寒鯛(かんだい)とも言われますが
淡路島や、佐渡などの綺麗な海に住んでいます。


大きなものになると体長1mにもなり
その姿はなんとも可愛いです。

画像の説明



僕が魚の中で一番好きな魚だと思います。
こぶダイと友達になった人もいるようですが
出来たら僕も、こぶ鯛と友達になりたい。


釣り人のあこがれの魚で、
釣って食べる人もいますが、僕としては
釣ったとしてもリリースします。


僕自身は殺して食べるなど
考えられません。

こぶダイと友達のおじさん

コブがあるので魚らしく無く
なんか人間の顔に似ているので
親しみが持てます。


このおじさんはコブにキスしているので
こぶダイが恋人でしょう。


おっと失礼!
恋魚でしょうか



実に羨ましいです。



画像の説明

では、早速、MDFボードに形を書きますが
事前にイメージで小さく白い紙に描いて見ました。


MDFボードはダイソーで200円で買えますが
サイズは縦30cm、横60cmでしたが


今回はここに残りがあるので、
これを使います。


こぶダイは成長するにつれ
こぶが大きくなるようです。


なので顔は少し大きめに描きました。

画像の説明

ボードは横幅が60cmありました。縦は
約27cmほどになりました。


一通り描いたら、
ジグソーで切り抜きます。


回転を弱めるとボードが割れてしまうので
高回転を保ちつつ、ゆっくり切りました。


切りにくいところは事前に穴開けしておくと
切り易いし短時間で済みます。

切り抜き













なんとか切り抜きましたが
背ビレのところが一部、割れました。
すっぱいは成功の元!

こぶダイの切り抜き

このところはヤスリで補修して
とりあえずOK!


裏も表も角はヤスリをかけ、
サンドペーパーでも軽くヤスリ掛けしました。


それが済めばあとは色を塗るのですが
壁掛け用に金具を付けます。


カモの時はリベットで1点釣り用に
金具を付けましたが、今回は

画像の説明



表に金具が出ないように
裏に接着することにしました、


板を2枚用意(厚さ1cmぐらい)して
その木にヒートン金具をネジ込みました。


その板をダイソー100円混合接着剤で
貼り付けます。

裏に金具を取り付けた板を接着



接着剤はセメダインやボンドでもOK
今回は早く乾くように混合10分タイプ(ダイソー)
を使ってみました。


表側は全て白色で塗りました。
材料はダイソーのアクリル絵の具(白色)


白で塗ったのですが、照明が悪いためか
白に映りませんでした。

画像の説明



全部が濡れたら、今度は
赤色アクリル絵の具を薄めにして
少しずつ塗りました。


色が塗れたら一番最後に
マジックペンでウロコを描いて完成です。

画像の説明



おっと忘れていました。


眼は描いたら混合接着剤に
十分粘りが出たら眼に重ねました。


するとリアルな眼になりましたヨ!

画像の説明

















大広間に持っていき
写真撮影しました。

お世辞にも上手とは言えませんが
今度は家でエアブラシを使って描いてみたい。





画像の説明

















画像の説明


















画像の説明













ハルさん


3日後、ハルさんの通夜の日が来た。


今日の通夜はJAの葬儀場でとり行われる。
16時出棺で部落には大勢の方々が来ている。


ハルさんは部落一料理が上手で
みんなから一目置かれていた。

画像の説明





山菜も絶品だったし
うめぼしもハルさんの味で格別美味かった。


腰が曲がった88歳のハルさんはいつも
内の畑で暗くなっても農作業をしていた。


もの静かで、かわいいおばあちゃんだった。

画像の説明

そんなハルさんとは今日でお別れ。


長いクラクションのあと
黒い霊柩車は静かに動き出した。


僕たちも、なるべく黒い服装に着替えて
家の道路際に出て合唱し、ハルさんを送った。


瞑っている眼から涙が溢れた。


ハルさん!
さようなら。


夕方、ハルさんの親友の「たくいん」さんが
通りかかり、久し振りに話をした。


帰ったあと、自分で作ったという
「りん座布団」を持って来てくれた。

画像の説明



「たくいん」さんもハルさんと同じ88歳。
いつまでも元気で長生きして欲しい。










長岡

画像の説明

久しぶりに長岡の街に行ってみます。
国道8号線を長岡方面に走る。


小国から行くと早く行けるのだが
今回は8号線ルートで行きました。


「道の駅なじらーて」で新しく開発したという
お米、「新之助」を買ってみた。


それと、ここにしかない絵葉書4枚

画像の説明

なかなかのユニークで良い。


ホームセンターに寄ったり
大きなスーパーに寄ったりしたが
特に珍しいものは無かった。


帰りは小国にある「もったいない村」で
お刺身などを購入。


ここはお刺身が得に良く
1本釣りのブリなどが買えた。

画像の説明

それと新潟限定の変わった
カップヌードルが有ったので
買っておいた。


帰りの道は田んぼの真ん中を走る
のどかな部落。


小ちゃな苗を植えてあるのだが
小さ過ぎて、見えない。




11日の土曜日、
高速に乗り帰路についた。

画像の説明

途中の「新井PA」から見える
妙高山には雪が残り
なんとも美しかった。


このPAでは、遅い時期でも
山菜が売られているので重宝する。


お昼は「八ヶ岳SA」で食事。
ここのソフトクリームは絶品でした。


中部横断道路は六郷から2つ目で
降りたのですが富士川沿いに出たので
行くときは川向こうへ渡るのがベスト!

画像の説明



結局、八ヶ岳SAでお昼をたべたあと
1度も休憩することなく家に着きました。


こんなに早く帰れたのは
初めてで、中部横断道路に感謝します。




今月もご覧いただき
ありがとうございました。








2019年 6月17日(月)


ようやく天気が良くなったので
新潟へ向かいました。


連休ではないので、のんびりと朝6時半出発!

画像の説明



今回は中央道の富沢を降りてから
52号線を右に入り富士川を渡りました。


しばらくは走り、やがて中央道に乗れるところ
まで来たので乗りました。

画像の説明

そこは本栖湖へ向かう道路の
すぐ手前ぐらいの所でした。


あとはそのまま高速道を走るだけですが
増穂の富士川道の駅に寄りながら
ここで朝食を摂り、少し休みます。


中央道に乗るとコンビニへは寄れないので
ここで休むしかありません。


朝食を食べた後、さらに走ります。


双葉ジャンクションを通り
八ヶ岳SAでいつものコーヒー休憩。

八ヶ岳SA

珍しくここでビーフジャーキーが売っていたので
2袋購入して、ジャーキーをかじりながら
走ります。


良く見たらオージー産牛肉で、
黒胡椒が訊いていて、少し辛かったが
塩は控えめだった。


肉はパサパサして乾燥しすぎか?

画像の説明



空を見ると綺麗な青空が広がっていたが
飛行機雲に見えるが、これは飛行機雲では
ありません。


ケムトレイルといって、人を病気にさせる
怖〜い、雲もどきだそうです。


気になる人は検索で調べて見てください。

画像の説明

高速道路は平日なのに最近では
やたらと車が多くなりました。


10年前の20倍ぐらいになっているように
思えます。



お昼過ぎには「じょんのび庵」に到着しました。
予想した通り、草が伸び放題に伸びていてすごかった。

じょんのび庵



部屋の中はひんやりしていて気持ち良いが
少し寒いくらいで、堀コタツのスイッチはON!

一日目は部屋が冷え切っています。


良く掃除をしてから少し休みます。


夕方、布団乾燥機で暖めておきました。

夕飯を食べてから、テレビも置いてないので
寝たのは7時半ごろでしたが


布団が暖かなので気持ち良く、
直ぐに寝付いてしまいました。


朝は6時ごろには起きてしまいました。






草刈り


今日の仕事は何と言っても
草抜きです。

画像の説明



これ抜きでは遊べないので
しっかりやります。


今日は朝から道路沿いに看板が立ったので
まあちゃんが見て来ました。


それによると、向かいの内山さんの
おばあちゃが今朝亡くなったとのこと。

画像の説明

先月も、でんねんのおばあちゃが亡くなって
今回もとは寂しさが募ります。


以前おじいちゃが亡くなって
最近は施設におばあちゃが入っていたようだ。


明日4時半に出棺し、お通夜、翌日葬儀との事。


とりあえず今日は草取りに専念します。



まずは頭に手ぬぐい、手はしっかりした
手袋、上はワイシャツで腕を隠し
足はゴム長でガード。

画像の説明



ブヨや蚊に刺されないようにします。


手箕を使い、いっぱいになったら
畑のん中へ置きます。


それが来月ごろには乾燥して
燃えやすくなるはずです。

画像の説明



一番びっくりしたのは「ウド」と
思っていたもをノコギリで切って見たら
桐の切り株から出ていたものでした。


なんと生命力が強いのでしょう!
びっくりで腰が引けました。


恐ろしいのにもほどがある。

画像の説明

桐は切っても、しっかりと生きておりました。


2人で2時間たっぷり草取りをしたので
一応綺麗になりました。


家の両横も掃除したし、
水路に溜まってる葉っぱも取り除きました。


取った草は来月、杉葉と一緒に
燃やすつもりです。

画像の説明

二人とも汗ビッチョリになってしまい
シャワーを浴びてさっぱりしました。


今回も予定している厚いケヤキ板でも
切りたい所ですが、


明日の出棺が済むまでは、静かにして
じっと我慢の子でいます。


もし、切るとなると、ガ〜〜ガタン
ギュ〜ン・ギコギコ ガタガタ〜ンと

画像の説明

それはうるさい音が
部落に響き渡ってしまいます。






お見送り


今日は内山ミサさんの出棺の日。

画像の説明

16時15分ごろには部落の人たちが
集まりだしたので僕たちも少し着替えて
出て行った。


ほとんどが知らない顔だが
会釈するとみんなも会釈してくれる。


そのうち、ミューコさんも来た。
僕たち二人がいたので、少し驚いていた様子。


家の中からみんなが出て来て
長男さんの挨拶が始まる。

画像の説明



62歳ぐらいのはず。


男はお母さんが亡くなると
誰でもこたえる。


途中、泣いてしまい
言葉が途切れてしまった。


僕も母を亡くしているので
辛い気持ちがよく分かります。

画像の説明

霊柩車が動きだし、皆で
合掌してミサさんを見送りました。


家族葬との事で
このあとはJAでお通夜で、
明日お葬儀が行われる。






カレの桜


お葬儀も終わったので
今日は照明器具を作ります。


実は街で桜文様のガラス花器を
購入したのでこれをLEDで明るくする為の
器具を作ります。

桜文様のガラス花器



桜のシーズンが終わったら
値段が下がっていたので
購入してしまいました。


中に電球を入れると
線が見えてしまうので、今回は


花器の下からLEDで明るくするのです。


色も変えられる安くて便利、しかも
薄くて場所も取らず、明るいもの。

画像の説明



それは?
テープ状のLEDなのです。
30cmほどあり、途中でカットも可能。

OAナガシマで
リモコンもついていて2000円ぐらいでした。

電源は12ボルト。
リサイクル店で100円で購入しました。


木板の下には
5mmほどの薄い板を取り付けました。


花器の下の形とはちょっと違いますが
花器は丁度入りました。


スイッチONでこんな風になりました。

画像の説明



ここに花器を置くだけです。


色はリモコンで何色でも変えられますが
白色が桜の花が綺麗に見えました。


桜のシーズンが終わっても
いつでも桜が見られます。

カレの桜



ほんと?


何ちゃってですよ!



名づけて、「ガレの桜」ではなく
「カレの桜」と命名します。

カレの桜













この後、エOコちゃんに頂いた
白く美しい海貝の照明も
カットしたLEDを使い作ります。

貝



入れ物は、手頃なプラスチックの
透明な箱に入れて、上から灯りを灯します。


そのために、箱の大きさで板を切り
テープLEDを付けます。


板はテープLEDの厚さ分を
薄く鑿でカットして、木板に埋め込みました。

板にLED取り付け

そこに両面テープで
貼り付けてOK!











貝照明
貝照明完成









青い光は脳を活性化するそうですが
夜の青い光は眠れなくなるそうで


夜は赤系の色にしましょう!

画像の説明



どちらも良いですが昼間はエメラルドグリーンが
沖縄の綺麗な海に生きる貝を見ているみたいです。


素晴らしい!



画像の説明

貝の照明器具は静岡に持ち帰ります。
いつも僕の近くにいてね。

あ〜会いたい!








ZEROハリバートン

ゼロハリバートン











最近、僕は旅行用として
ゼロハリバートンのカバンを
ヤフオクで購入しました。

もちろん、中古がお気に入りです。


3桁数字の鍵がついていて
アメリカの製品です。

画像の説明



材はアルミ合金で軽くて丈夫な
製品で、何百種類ものバージョンが
あるのですが


これは割と大きめで
33cmX52cm
厚さは17cmで


中味がたっぷり入ります。

画像の説明

これは本来はカメラケース用ですが
新潟に来るのにとしては丁度良い大きさです。


ちょっとした小旅行にも良いです。


今回、初めて持参しました。


簡単に説明しますと
この会社は1938年、
アール・P・ハリバートンにより創業。


ビジネスで世界中を飛び回る中、
航空機エンジニアの助言を得て

画像の説明

アルミニウム合金を使用した頑丈な
鞄の制作に取り掛かり、ケースが完成。


その後ハリバートン・ケース社を
アメリカ合衆国カリフォルニア州
バーバンク市に設立、


鞄の製造をZierold Company
(ジロルド・カンパニー)社が担った。


発音を易しくする目的もありジロルド社は
1946年にゼロ・コーポレーションへと改名、


その後1952年にハリバートン・ケース社が
ゼロ・コーポレーションの傘下へ入ることとなり、


1959年に名称が「ゼロハリバートン」となりました。


1969年、アポロ計画の際に、
月の石を採集するケースとして
ゼロハリバートンの鞄が使用された。


アメリカ航空宇宙局(NASA)より製造を依頼され、
「月面採取標本格納器」と呼ばれたこのケースは、


宇宙用として特殊に改造したものではなく、
当時一般に市販されているケースを
やや加工しただけだったという。


その頑丈さ・デザインから様々な
人物・シーンで使用されており、


テロの爆発に遭っても
中身が無事だった、等逸話も多い。


僕のに貼ってあるシールは
全てパソコンで作り、それを

PCで・・・



ラミネートして両面テープで
貼ってあります。


なので、綺麗に貼れますし
不要ならば取り外しも簡単です。






またしても コブ鯛

画像の説明

こぶ鯛といっても前回はMDFボードを
使いましたが今回は?


ケヤキ屋さんで購入した厚いケヤキ板を
切り、囲炉裏用のコブダイを作ります。


囲炉裏用なので、尾ひれを除いて、
他のヒレは省略します。


板に下書きを描きました。


この板は厚さ6cm、
長さは100cmX25cmで
分厚いので切れるかどうか心配ですが

画像の説明

こんな厚い木、切った事ない!
「やらねば出来ぬぞえ!」


という事で頑張りますが
その前に囲炉裏用なので
先にロープ用の穴を開けておきます。


先に空けておけば、
やり易いし安心出来ます。


魚は囲炉裏に吊るした時に
頭が下を向き、尻尾が上になると
縁起が良いとされているので

ドリル刃入れ

そうなるように、斜めに
穴あけしなければなりません。


上からと下からの両方から穴空けしますが
幅があるので、長いドリル刃をコメリで
購入してきました。

刃の太さは麻のロープが楽に通せるように
18mmにしました。

ドリルと刃



両方からの穴がつながり
一応穴あけ完了!


そのあとは魚の形に沿っての木の切断ですが
ジグソー用の回し切り用の刃の長さが短くて
使えませんでした。

画像の説明

仕方なくココは直線切り用の長い刃を
使います。


幅があるのはいかんせんキツイですが
煙を吐きながらも
強引に回し切ります。


それはまるで煙幕のようでした。

画像の説明













何とか切り終え、刃を見たら
黒こげで真っ黒に。


流石にこの厚さはキツかったけど
何とか無事に切ることが出来ました。


「いかった・いかった!」

画像の説明

測定したところ
魚の長さは62cmでした。


これからが大変でごわす!

角を削って丸くして行きますが
今回はここまで。


これからはゆっくり作業
しようと思います。








ど突き棒


今回、「ど突き棒」というものを作ってみました。

ど突き棒

これは、人をど突くものではなく
自分をど突くもの。


正しくは、ぐ〜 とゆっくりと
水落あたりを押して、健康になるためのもの?


約5秒間 「グ〜」とゆっくり押しまして、
パッ と離す。


これを寝る前に布団に入ったら
5回ほどやります。

画像の説明

すると全身に血液が流れたようになり
一瞬で、疲労回復?


心臓が苦しい時は上から押すと血流増加?
気持ちよくなる。



これはただの棒でも良いのですが
持ち易いのが良いので


今回作ってみたのは
3cmの太さの丸棒(持つ所)10cmと

画像の説明

細い棒を組み合わせるだけで
太さは18mmぐらい、長さ20cmほど


トータルで30cmぐらいが良いかも?。


先端は角を木工ヤスリで少し丸めます。


太いのとの接続は中心に18mmの
穴を2〜3cm空けて接着剤で止めました。


さあ〜 これからは
自分を「ど突いて」健康になりましょう!

画像の説明












4つ葉のクローバー


こどもの頃、誰でも4つ葉のクローバーを
探しましたね。🍀


でも、なかなか見つけられなかった記憶があります。


でも今回、途中の長野県、豊田飯山で
見つけました。


正直、見つけたと言うより
売っていたので、買ってしまいました。


な〜んだ、自分で見つけたじゃないんだ?


や〜 スマンデス。


2つ売っていたので2つとも
買ってしまいました。


一つ150円。


ビニールの鉢には
「ラッキークローバー」と書かれていました。


ただのクローバーじゃないんだ!
ラッキーが付いている。


これは縁起がいいね。

ラッキークローバー



良く見ると
小さな赤っぽい花も可愛く咲いている。


それと、葉っぱも中側の色も違う。


クローバーは幸福という意味があり
4枚の葉がそれぞれ「希望・誠実・愛情・幸運」を
表している。


ギネスによると56枚のクローバーが
岩手県花巻市で見つかったという。


56枚葉のあまりに多すぎるというのも
どうなんでしょう。


こんなのを見つけたら、幸せすぎて
不幸になってしまいそう。


あるいは4つ葉の
14倍幸せになるかもしれません。


どこまでラッキーなのか
想像もつきません。




四つ葉を見ると
誰でもラッキーなことが起こり始めます。


これほんと。

ラッキークローバー



信じる者は救われる


信じましょう・信じましょう!








散歩


静岡にいると散歩することは
全くないのに、夕方、散歩に出掛けて見ました。


小高い山の上の方に家があるので
散歩は下へ歩いて行きます。

鯖石川

ここ辺りは以前、かも鹿がいたり、
狐やアナグマがいたり、熊も出たりする。


今日は何もいないようで
のんびり歩いていたら
鯖石側というところに出ました。


ぐるっと回ると家の後ろ側に出て
山と田んぼがあるだけだけど

画像の説明

田んぼを見るのが1番の
癒しになる。


田んぼほど素晴らしい風景はないと
僕は思っている。


この辺りの山は背が低く平らな林のようで、
登り易いけど、人が歩いているのを
15年間見た事がない。

部落の田んぼ

この辺りの田んぼは内の部落の区長さんのモノ。


今は田植えも終わり、稲がスクスクと
育っていて、9月に入れば収穫の時期だ、


こどもの頃、秋には山に遊びに行くのが
楽しくて仕方なかった。


いつも、稲刈りが済んだ田んぼの中を歩いて
山に入っていたので田んぼが愛おしい。


家の周りを回り戻って来ると横の
畑にはジャガイモが育っている。

ジャガイモ

でんねんのお嬢さんが育てていて
先日、おばあちゃんから引き継いだもの。


いちごも丁寧に網を掛けてある。









地震


新潟に着いた翌日の6月18日深夜に
地震が発生。

画像の説明

当日は7時半には寝ていたのだが
22時ごろ突然、携帯電話が


「地震が来ます。地震が来ます」と


叫び出したらしく、奥さんが飛び起きたらしい。


それで私は叩き起こされたものの


すっかり熟睡状態なので

画像の説明

「は〜 ふ〜 へ〜 」状態。


そのうち家がガタガタ震え、板戸が外れそうに
なったが直ぐに収まりホットした。


家が倒れるかも知れないので
今すぐ出て車を移動しろと言う。


そんな事ない!と思いながらも
家が倒壊しても、当たらないところへと
車を移動したのでした。

画像の説明

茅の家なので屋根が軽いので
倒れんぞ。大丈夫だよと入って
納得させた。


急に家から飛び出る方が
危ないに決まってる。


テレビがなくても
ネットでの日テレの生放送が始まって
携帯電話で状況が良く分かったのはありがたい。

画像の説明

画面が小さいだけで
テレビを見ているようだった。


それに依ると、なんでも村上市で震度6強。
山形県鶴岡市で震度6弱だそうだ。


P波が来たので、今回は
自然地震なのは間違いない。


我が家では震度5だった。
新潟は過去にも地震が
2度も有った。

画像の説明



今回、村上市や鶴岡市で家の瓦が落ちたようですが
倒壊した家は無かった。


短時間の揺れで済んだのも幸いでした。


村上市は以前2回ほど行った事があり
思い出の場所なので特に気になります。


取り敢えず、余震など無かったし
軽くて済んで良かったです。


画像の説明







今月もご覧頂き、ありがとうございました。
次回は7月末の更新を予定しております。








powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional